紙装甲なメカ

好きなように作り、好きなように諦める。そんなペーパークラフトブログです。

・デジイチ写真ブログはこちらです
・デフォルメSUNSHINEの展開図はBOOTHにて公開中です
・現在はkamimeka.comにて記事更新中です。よろしくお願いします

Scan N Cut CM110を体験してきました

 現在東京ドームで開催中の第13回キルトフェスティバルでブラザー製カッティングマシン、Scan N Cut CM110を体験してきました。

 マシンの特徴はスキャナ搭載で、切りたい物をスキャンしてその場で切り抜きが行えること。以前クラフトロボを購入したものの、位置決めやらカットデータの作成やらが大変すぎて挫折した思い出があります。

 

 良い点

 ・スキャン機能でカットデータを作成できるので手軽に切れる

 ・曲線が綺麗に切れる

 ・小さい領域の切り抜きもOK

 

 悪い点

 

 ・スキャンで得たカットデータは図形として扱われないので、直線に切り抜いて欲しいところもクネクネしてしまう

 ・鋭角に切って欲しいのり代の付け根が曲線に切れてしまう

 

 今回体験したのはダイレクトカット機能だけだったのでカットデータの精度は良くありませんでした。カットした紙を平面的に使う分には十分なのでしょうが、切り抜いた紙を折って、貼って立体にするには無理があると思いました。

 ただ、カットデータ(SVG形式、使用中の花子で出力可)をPC上で編集して、精度を上げればもっと誤差無く切れるんじゃないかと言われ、そこまで試してみたかったけどそれは叶いませんでした。

 あとその場合に心配なのは位置決めの問題。(スキャンカットでも線を描くことは可能ですが、付属ペンが太すぎて

 

別途印刷が必要)スキャンでトンボマークとか読んでくれるんでしょうか…気になります。

 

 今日の体験で即購入というわけには行きませんが、カットデータの編集でどれくらい変化するか知りたいですね。渋谷のfabcafeで試せると聞いたので行ってみたもけど担当者不在で無駄足となってしまいました。トホホ…(渋谷は遠い)

 

f:id:farNoise:20140126224906j:plain 円の切り抜き。綺麗に抜けてます。

 

f:id:farNoise:20140126224853j:plain のり代の切り抜き。線のだいぶ手前で折り返してしまっています。

広告を非表示にする